お金を借りる場合

【お金を借りる際に大事なこと】
お金を借りる際に大事な事といえば、1番は「安い金利の業者から借りる。」ということだと思います。すごく重要なことです。

審査の面でも自信がなく「お金を借りれるのかな?」って不安になって、怪しい業者から借りてはあとで大変なことになってしまいますからね。

職業的に審査に不安となる方といえば、フリーター、派遣社員、自営業者の方かと思いますが、お金を借りるのに大事なのは定期的な収入があるかどうか?ということです。

ですので、フリーターの方でもアルバイトをしていればOKですし、派遣社員、自営業者の方も収入があるわけですからOKとなります。

次に専業主婦の方の場合ですが、総量規制という法律が導入されたことにより、一般的なローン会社では借りづらくなりました。ですが、この総量規制は銀行カードローンは適応外ですので、銀行カードローンならば利用することが出来ます。

パートやアルバイトをしている兼業主婦の方はもちろんOKです。

あと、学生の場合ですが、20歳以上でアルバイトなどをしていて定期収入があれば大丈夫です。アルバイトをしていないという方は、まずアルバイトをするといいでしょう。

その他、水商売の風俗嬢の方もお金を借りれるのか?と聞かれることも多いのですが、風俗嬢の方の場合は特殊ですので≪こちら≫のサイトで確認してください。

【銀行でお金を借りる場合】

銀行でお金を借りるのは、住宅ローン、カーローンを利用するといった、多額の資金が必要なときを想像する人が多いですよね。

お金を借りる際には銀行、信販会社、消費者金融のいずれかを利用することになるかと思いますが、銀行というのは「お付き合いするのに安心」「金利が安め」「融資限度枠が大きい」などの、有利な条件で利用ができます。

ただし、「審査が厳しい」「融資までに時間がかかる」ということは、知っておくのが良いですね。

銀行でも、カードローン事業が始まっていますが、信販会社、消費者金融に比べて「多額のお金を借りることができる」というのがメリットです。債務の一本化目的で、銀行のカードローンを利用するという人もいるくらいです。

ただ、消費者金融などは「即日審査、即日融資」が受けられる場合もありますが、銀行ではなかなか難しいです。

カードローンを利用する場合も「審査を通過して、カードが手元に届いてから」ということになり、数週間といった時間がかかることがあります。三菱東京UFJ銀行カードローンに関しては当日中にカードを手に入れて借入することも可能ですが。

一般的に、急いでいる場合や、借り入れたい金額が少額で、数日中に返済できるとわかっているなら、消費者金融のカードをうまく利用するというのも、良い方法でしょう。

カードローンや住宅ローンを利用する場合「当行に定期預金口座があるなら、金利を優遇します」といった制度を設けている銀行もあります。こういうところで利用できるのが一番いいとは思いますが、すでに取引があるという可能性も低いと思います。やはり、全国kで利用できるメガバンクやネット系銀行がお勧めだといえます。

個人の取引に関しても、メガバンクやネット銀行借りることにより、旅行先や出張先でも使えたり、金利などの商品面でもお得なことが多いです。なので、私がお勧めできる銀行カードローンをいかに紹介しておきますね。

【ネットバンクでお金を借りる場合】

ネットバンクという言葉は、最近誕生したばかりのもので、使い分けが曖昧なのですが、ネットバンクとされるものには「インターネット専業銀行、既存の銀行のインターネット支店、ご自身の既存の口座にインターネットを利用してアクセスするネットバンキングサービス」などがあります。

インターネット専業銀行は、従来の銀行とは違って、実店舗を持たず、営業員も配置せず、人件費や施設の運営費を抑える、という経営手法をとっています。

その分、私たち利用者は、従来の銀行よりも安い金利でお金を借りることができます。

一方、インターネット支店やネットバンキングサービスは、お金を借りる場合よりも、振込などを行う際の手数料を抑えることができる、といったメリットが大きいです。

ただ、銀行によっては「インターネット支店で住宅ローンやフリーローンの申し込みをすると、優遇金利を適用します」というところもあります。

ネットバンクもきちんとした銀行ですので、住宅ローンなどのお金を借りる場合には、審査が行われます。

ネットバンクには「スピーディな審査」を売り物にしているところもあります。また、改正貸金業法で借金の総量規制が行われていますが、銀行からの借り入れにはこの規制が適用されませんので、専業主婦の方などでも、利用しやすいという傾向はあります。

ただ「気軽にお金を借りられる」というのは、危機感が湧きにくいということにもつながるので、利用にあたっては「お金を借りるのだ」「返さなければいけないのだ」という自覚をもつことが大切です。

【クレジットカードでお金を借りる場合】

クレジットカードには、キャッシング枠が設けられていますので、少額のお金ならばキャッシングを利用することができます。

また、「今、手元にお金がなくても、クレジットカードがあればとりあえず品物を手に入れ、支払いは後から考えれば良い」という意味では、お金を借りるのと同じような効果が得られる、とも考えられます。

ただ、キャッシング枠というのは、学生カード等には付随していない場合もあります。

クレジットカードを利用するメリットとして「利用した分だけポイントが貯まる」ということも挙げられます。食料品・日用品などを買い物する際に、手元に現金があっても、あえてクレジットカードで購入することで、利用ポイントが加算されて、後に賞品と交換できるなどのメリットもあります。

家庭の主婦の方や、自営業者の方なら「家計簿・帳簿をつける」のに、クレジットカードの利用明細を見れば、全てわかるのが大変便利です。

ただクレジットカードで全てを済ますと「お金を使った」という実感が持ちにくいために、ついつい使いすぎてしまうということもありますので、要注意です。

そのために、利用限度額というものが設けられています。もしも、海外旅行や結婚式などで、一時的に多額の使用をする場合には、利用限度額の拡大をお願いして、一時的に多額の使用ができるようにしてもらう、という方法もあります。

「お金を借りる」というのとは、少し意味が違いますが、同じような効果が得られるクレジットカード。

「数万円だけお金が足りない」という場合には、あえてカードローンの申し込みをするのも大変でしょうから、うまく利用していくといいですね。

【消費者金融でお金を借りる】

消費者金融の敷居が低くなり、無人契約機やインターネットで申込ができる方法も登場したため、かつてよりずっと気軽に、消費者金融を利用する人が増えています。

消費者金融の中には「無利息期間」を設けているところもありますので、たとえば「ご自身の銀行口座から現金を引き出す」という場合に比べて「消費者金融から借り入れをして、無利息期間内に返済してしまう」というほうが、手数料分だけ得をするということもあります。

また、消費者金融の特徴として「簡単な手続きで、すぐにお金を借りることができる」という点もあります。

銀行でお金を借りる場合には、審査の可否が判明するまで数週間かかることも、珍しくありません。そのため「明日に数万円必要で、すぐに返済できる」とわかっているような場合には、消費者金融を利用するのが便利なこともあるのです。

ただし、審査が簡単な分、高い利息がとられます。返済しなければならない金額は、実際に手にした金額よりも多いということになります。

生活費が足りなくなって、消費者金融で借金をしたという場合、その場はしのぐことができるかもしれません。

しかし、来月の給料が出たら、消費者金融に返済するお金を確保して、残ったお金から生活費をやりくりすることが、できるでしょうか?

それができなければ、また新たな借金を作ってしまうことになります。

消費者金融は、改正貸金業法の規制を受けますので、「今まで借り入れができていた人も、これ以上の借り入れができなくなる」という場合があり、注意が必要です。